猫は犬より鳴かないと言われていますが、猫が鳴くには理由があります。まず発情の鳴き声があります。赤ちゃんのような鳴き声でしつこく鳴くことが。そんなときには不妊手術を受けることで抑えることができます。また夜明けに鳴き続けることがあります。不妊手術をしている場合でも猫は夜行性なので夜や明け方にエネルギーがわいてくることから、走りまわったり夜鳴きをすることも。食事を遅く与えることで体内時計が狂って、夜中に鳴くことを防ぐことができます。またストレスが原因になることも。今まで外に自由に出ていた猫が室内飼いにしたなど、ストレスが多くなっていないか考えてみましょう。

 

また猫は攻撃を仕掛けてくることがあります。自分より格下とみなした相手を威嚇する。また縄張り性があるため、そこを侵されないように威嚇することもあります。また恐怖心や不安から攻撃することも。他にも遊びで攻撃をしてくることもあります。また病気やストレスからも攻撃性が強くなることもあるので、飼い主は冷静になって原因を考えて解放して上げるようにしましょう。

 

他にもキャットフード意外の異物を食べることがあります。特にお乳を吸う感覚をウールなどの布を吸うことでイメージする猫も多く、特に小さいころにこの癖をつけてしまうと4歳ぐらいまで続くことも。布を吸っているだけでなく食べてしまうこともあります。そのため毛糸や布は猫に与えないようにしましょう。特に糸くず、布きれなどが要注意です。